疲労回復に貢献したい、
その思いに応えるために。

現代の社会において熱や痛みなどカラダに異常が生じた場合、会社や学校を休み休養回復に努めることは一般的であり、周囲の理解も得られやすいでしょう。しかし疲れたからといって、その都度、会社や学校を休むことは、一般的に理解を得られないのが現実です。疲労は気持ちの問題ではなく、熱や痛みと同様、自身のカラダが発する危険アラームなのです。アラームを放置しておけば、重大な心身の健康被害につながります。

近年、疲労が原因で体調不良に陥ってしまう人々が多いことから、厚生労働省でも2009年に疲労研究班を立ち上げ、疲労についての科学的アプローチを本格化させてきたのは知る人ぞ知る事実です。

ベネクスでは、これまで「疲労を回復したい」という人々の潜在的なニーズに応えるために、疲労という現象を科学的に捉え、正しい認識の啓蒙・普及を行ってきました。また、その解決方法として、休養専用のプロダクトやサービスを科学的根拠に基づいて開発。リカバリーウェア市場を新たに創造し、リーディングカンパニーとしての確かな歩みを記してきました。