パフォーマンスを上げるために
「休養を」という考え方。

高いパフォーマンスを発揮するためには、上質で正しい「休養」をとる必要があります。仮に人間のカラダを携帯電話の充電状態に例えるなら、前日に50%しか充電していない携帯電話では、翌日は50%しかチカラを発揮できません。逆に100%使いたいのであれば、前日に100%の状態に充電しておく必要があるわけです。

日本人は、長らく「休養下手」といわれてきました。休むというと、何かサボっているように思われて、罪悪感を感じてしまうことがその理由でした。しかし、「休養」とは本来パフォーマンスを上げるためにとても重要なことです。これからの時代は、受動的な「休養」ではなく、能動的な「攻めの休養」という考え方が大事になってきます。